2017年11月21日 (火)

ステルス盗聴器(特殊盗聴器)の発見には、NLJDが必要不可欠!!

ここ近年デジタル盗聴器を含めステルス型盗聴器やICレコーダー型の特殊なタイプの盗聴器が猛威を奮いつつ有ります。さらに不都合なことにこれらの特殊盗聴器(これらを全てを含め仮にこう呼ばせて頂きます)は、通常状態で電波を放射していない又はデジタル波である為、その確認作業が極めて困難と言う特徴を持っています。

これらの特赦盗聴器は通常の高性能受信機や電界強度計或いは高性能型スペアナを使ったとしても素人の探偵、専門業者(一部の民間資格登録型の業者)などでは到底手におえない部類の盗聴器と成ります。(ただWIFI利用型のデジタル盗聴器(デジタル通信型カメラ等)はハンディ型スペアナであれば動作の有無、場所の特定までは出来ますが・・。)

リモコン盗聴器(ステルス盗聴器)やICレコーダー型盗聴器、コンクリートマイク(有線型盗聴器)を利用した多くの盗聴器は通常(待機状態になっている場合)には、電波を発信していません。その他の盗聴発見業者の方々はこれをどうされるのでしょうか?

一部の業者様で「ステルス型盗聴器にも完全対応」などの誇大広告等も時折目にします。しかしそのような業者様方のサイトの記載内容をのぞいて観ると国内製の一部のリモコン盗聴器やリモコンスクランブル盗聴器のみ(これは実質的にはごく少数のタイプのみ)での対応を書かれたもので有ったり、調査機材の存在(所有の有無)を隠し、ただ単にお客様の気を引くためだけの非常に不明瞭(疑問視される)な業者も複数社存在して居ります。

写真下の弊社所有のNLJD(通称、電子回路探知機)は、過去に世界中で使用されるプロ用途向け本格的NLJDを標準(通常的に)使用いたします。この調査機材は隠された盗聴器や電子回路が内蔵された小型の電子機器全般に対して、又その電子機器類の電源がOFFの場合にも特殊なレーダー波からその存在を判別することが可能な特殊なレーダー探知機です。現在、日本でこれを所有し利用可能な体制が出来ているのは弊社だけの大きな特徴です。

Locatorpro1          弊社が標準で使用できるNLJD(電子回路探知機)Locator Pro+ 探知機

盗聴器発見調査 スキャンロックサービス

盗聴器発見 盗聴器調査|スキャンロックサービス

2017年10月18日 (水)

高性能受信機、高性能スペアナの所有は「盗聴発見力」を知る上でのバロメータ!

Ar5700d0

近年、自社のホームページの紹介欄に様々な受信機を含む機材の数々をたくさん載せている業者が存在して居ります。

「いったいこれは何」と思う機材も多く見受けられます。実はそれらの多くは実際に盗聴器の発見には役に立たない物(測定器や機材類でも何でもない)が非常に多いと言う事をご存知ですか?

そして中には「世界最高の受信機」などと謳う業者も存在して居ります。実際に長年盗聴器の発見業務を続けていると高性能受信機の重要性(専用の高性能アンテナも含む)は感じられますが、ただ単に高性能受信機だけが有れば世界最高なのでしょうか?

そうでは有りません。高性能受信機は確かに盗聴電波を発見するために重要な機材の一つでは有りますが、それに付け加えてもう一つ「バンドスコープ(AOR社SDU5600等)」の存在が有ります。この特別の機材は高性能受信機の持つ受信特性をさらに飛躍的に実用的な物へと向上させる特別な専用の機械なのです。詳しく述べると受信機はスケルチと言う電気信号の閾値で受信を始めますが、このスケルチの機能も万能ではなく近年のデジタル波などで、受信しにくい電波が多く見受けられつきました。この様な非常に変化の激しい電波や弱い電波にはこの「バンドスコープ((AOR社SDU5600等)」)」は非常に有効な受信機の相棒と成ります。

ただ単に受信機の周波数だけを高めても肝心の周波数帯(100Khz~3GHz)で見落としや大きな取りこぼしが出ていては、何の為の高性能受信機調査(大変時間の掛かる)なのか?と首をかしげたくなる業者も存在して居ります。

一方、スペアナは本物のスペアナ(スペクトラムアナライザー)で有れば、何でもよいのか?と言う疑問が有ります。スペアナの性能は殆どが最高周波数で決まると言います。仮に3GHz対応のスペアナであればそのスペアナはいくら頑張ってもたかが3GHzまでの範囲でしか計測は出来ません。(特殊な方法で外部ミキサを使う方法もあるが実用的ではない)

それに比べ、プリアンプを併用した高周波数型スペアナはその最高周波数までキッチリ正確に未知の電波を表示させてくれます。又、盗聴器発見の様な微弱な電波を取り扱うには必ず利得の高いプリアンプの平行使用が必要不可欠と成りますのでこの点は必ず確認をしておいてください。

更に、スペアナには非常に大きなスペアナと小型のスペアナが並行して販売されて居ります。大きなスペアナは主にほとんど動かす事の無い研究室で使う事を目的とした機材です。盗聴器の発見業務に使われるスペアナはいろいろな所で測定や調査を行いますので小型のスペアナが実用的で有効性も高い事は周知の事実でも有ります。(この小型スペアナは大型のスペアナに比べて値段が高いと言う欠点も有りますが、調査力の点では圧倒的に優れた機材です。)

盗聴器発見業界では各社、様々な機材を競い合っておりますがあくまで、盗聴発見の基本的調査力を知る上で受信機の感度と周波数さらにはバンドスコープの有無、そして小型スペアナの所持が盗聴器発見の調査力を図る上での「バロメーター」と言えるかもしれません。

盗聴器 発見

2017年9月16日 (土)

最近急速に使用されだしたリモコン盗聴器の脅威とは!

Photo
1_2

リモコン盗聴器は通常の状態(待機中の状態)では電波を出していません。

又、盗聴発見器や周波数カウンターさらには高級受信機やスペアナを使ったとしても決して発見される事は有りません。基本的に電波調査だけを行う盗聴発見業者では手の負えない非常に厄介な存在として、いわば盗聴発見業者泣かせ(盗聴発見キラー盗聴器)として、今世間でその存在自体もあまり知られて居ないのが現状です。

またステルス盗聴器とも呼ぶ者もいます。これがなぜステルスなのか?ステルスとはレーダー探知にも探知されない機能の事を指します。

リモコン盗聴器はTV出演されているような業者でも発見することはまず不可能ともいわれます。ひょっとして非常に感の鋭い山勘の当たる人、霊媒者などであれば見つけることもあるかもしれませんが・・。いずれにしての一般の人や盗聴発見に自信のある方(盗聴発見専門業者、探偵)でもまずこれを探知させることは出来ないでしょう。

この脅威への対応策として、弊社が考え出した第一番目の発見方法を紹介したいと思います。

その方法とは盗聴器販売店や通販などで良く取り扱われるいわば一般的に多く使われるリモコン盗聴器の数機種だけを専用受信機で直接駆動させ100%発見してしまおうと言う考え方です。しかしこの方法は概に対応が出来ている機種だけが対象であり、その後メーカーが新機種を出せばまたその対応受信機を買い足さなければなりません。

この方はある程度は有効でも新機種が出れば有効では無い、またメーカーが公に公表していない未知のリモコン盗聴器(顧客ごとに特別注文された特殊なタイプ)や世界中(日本中)のどこかで開発された全く未知のリモコン盗聴器は誰も対応は出来ないでしょう。(ステルス盗聴器100%対応業者を謳う業者を含めて)

この様な発見難易度の高い特殊な盗聴器を発見させる特殊な機材にはNLJD(Non Linear Junction Detector)電子回路探知機が有ります。しかもこの機材にも本物と偽物(中国などで作られた模造品で非常に価格の安いタイプをふくむ。これを使いNLJD対応などとうたう業者もちらほら見受けられます)

NLJDも本物と偽物では機能性、発見率に大きな違いが出てきていることが確認されています。弊社ではすべてのリモコン盗聴器(ステルス盗聴器)にも完全対応出来ております。

Touchounokiki
        リモコン盗聴器(ステルス盗聴器)による盗聴のイメージ

2014年4月25日 (金)

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのココログブログ紹介

盗聴器発見調査,盗聴盗撮発見調査と総合対策 スキャンロックサービス

兵庫大阪京都を中心に全国(東京神奈川名古屋まで)出張可能な体制を確立し低料金で特殊盗聴器発見調査から特殊盗撮カメラ発見調査までを総合的盗聴盗撮発見調査会社です。弊社はスペアナ調査(26.5GHz対応)及び究極の盗聴調査機材NLJDを使用した特殊リモコン盗聴器、デジタル盗聴器の発見調査、隠しカメラの発見調査、更には国産特殊盗聴器、盗撮カメラの発見撤去を行うプロの国家無線資格の総合的盗聴盗撮発見調査会社(盗聴器発見業者)です。

弊社の特殊調査機材

弊社の契約方法

盗聴盗撮調査料金

当社の調査機材

Advantest_u3661Locaterpro
             Non Linear Junction Detector

弊社は企業、法人様から個人のお客様まで、全ての方々に満足して頂ける調査品質の探求と内容。同業他社とそん色の無い調査料金設定(調査毎の内容や品質面を考慮して頂くことにより、さらに弊社の調査料金設定が低額であるとご納得頂けるものと思います。)

その他、調査の詳細などは弊社HP・メール・電話にてご確認、ご相談ください。ご相談、お見積りはすべて無料です。

サイト名:スキャンロックサービス
URL:盗聴器発見調査と対策 スキャンロックサービス
MAIL:dragon100sp@ybb.ne.jp
所在地:兵庫県宝塚市高司2-1-11
TEL:050-1278-9804

 

盗聴器発見盗撮調査と盗聴発見探査(高精度調査機材群+国家資格+料金)-Sls

盗聴器調査発見、盗聴盗撮発見調査と特殊対策 スキャンロックサービス

特殊盗聴器発見調査と対策はSls

盗聴器発見専門業者でも発見出来ない-リモコン盗聴器

ここまで来た!海外製盗聴器や盗撮カメラの技術水準

盗聴器発見業者の選び方  盗聴器盗撮カメラ発見調査と探査サービス @wiki

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのはてなブログ紹介